RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2020/03/25 18:36 くらし

新型コロナの影響で2月観光客大幅減 

感染拡大が続く新型コロナウイルスの影響で先月、沖縄を訪れた観光客の数は前の年より23%あまり減少しました。

県によりますと先月2月に沖縄を訪れた観光客の数は前の年より23・5%減少し59万900人となりました。

国内客がほぼ横ばいだったのに対し外国客が前の年の24万人あまりから74・6%減って6万1000人となっています。

新型コロナウイルスの影響で沖縄と海外を結ぶ空の便はおとといの那覇ー台北便を最後に全て運休となり、前の年の同じ時期に週232便あった海外路線はゼロとなっています。

一部路線の運休は4月初旬までとなっているものの運休期間をさらに延長する可能性もあり再開の見通しはたっていません。

こうしたなか沖縄観光コンベンションビューローは26日新たな試算を公表し、ことし3月から5月までに沖縄を訪れる観光客は前の年の同じ時期と比べ164万人減少し、観光消費額も1135億円減少すると予測しています。