RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 THE NEWS

RBCニュース

2018/06/14 19:02 その他

旧久茂地小跡・発掘調査 尋常小時台の茶碗など発見

 4年前に閉校した那覇市の旧久茂地小学校の跡地で戦前の尋常小学校時代の茶碗などが見つかり14日、報道陣に公開されました。

 那覇市の旧久茂地小学校跡地での発掘調査は去年1月から始まったもので、これまでに久茂地尋常小学校の遺構が見つかっています。
 久茂地尋常小学校は1911年に建設されましたが、沖縄戦が始まる前の1944年の10.10空襲で焼失しました。
 跡地には校舎の土台として柱や屋根を支えていた礎石群がまんべんなく広がり当時の歴史を感じさせます。
 また、「久茂地校」と記された壺屋焼の茶碗や校舎の窓枠の木材、耐火レンガなども発掘されたということです。
「三回目にあたる調査で久茂地尋常小学校の全体像が見えてきたのかなとおもっております」(那覇市文化財課・仲宗根啓さん)
 調査は今月末までで終了する見通しで、那覇市は今月24日に一般公開を予定しています。