RBC 琉球放送株式会社

新型コロナウイルス特設 Aランチ

RBCニュース

2020/06/30 18:01 政治・経済

有効求人倍率0.78倍 飲食業中心に厳しい状況

先月5月の県内の有効求人倍率は0・78倍と3か月連続で低下しました。
新型コロナウイルスの影響で宿泊業や飲食業などの求人が落ち込んでいます。
沖縄労働局によると、仕事を求める人1人あたりにどれだけ求人があるかを示す有効求人倍率は、5月は前の月より0.13ポイント低い0.78倍となり3か月連続で低下しました。
新型コロナウイルスの影響で求人数が大きく減っていて、業種別では宿泊業・飲食サービス業が269人と前の年の同じ月と比べて80%あまり減り、生活関連サービス業はおよそ78%減少しています。
また、新型コロナウイルスによって解雇や解雇のおそれがある人は2月から今月までで626人にのぼっていて、沖縄労働局は「助成金などを活用し、雇用を維持して欲しい」と呼びかけています。