RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 新番組情報

RBCニュース

2018/11/08 19:14 事件・事故

架空の人件費で3500万円脱税

架空の従業員に給与を支払ったようにみせかける手口でおよそ3500万円を脱税したとして那覇市の飲食店経営の男が所得税法違反などの疑いで那覇地検に刑事告発されました。

沖縄国税事務所によりますと所得税法違反と法人税法違反の疑いで那覇地検に告発されたのは那覇市の飲食店経営「夢職人」の屋宜昌則代表取締役57歳です。
屋宜代表は2011年から15年にかけて経営する飲食店で架空の従業員に給与を支払ったようにみせかける手口などで所得を1億2000万円あまり少なく申告し、所得税と法人税合わせて3500万円を脱税した疑いが持たれています。
屋宜代表は所得を隠すために従業員に支払った給与を水増していた疑いもあるということです。
那覇地検は「現在捜査を進めている段階」として屋宜代表の認否を明らかにしていません。