RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2021/08/02 11:22 新型コロナ 最新ニュース

沖縄の感染状況は「海外のロックダウン相当」

新型コロナウイルス感染が連日300人を超える中、県は1日、医療界や経済界の代表らと緊急会議を開き、2週間出かけないことを県民に求める共同メッセージを発出しました。

「今沖縄県内で確認される感染者数の人口比は全国ワーストで海外諸国ではロックダウン相当のレベルです。医療崩壊が現実のものとなりつつあります。県民の必要とする医療は絶対にまもらなければなりません」(玉城知事)

県内の療養者数が2757人と過去最多となり、県は経済界や医療界、市町村の代表らと緊急で会議を開き、県民に向けて共同メッセージを発出しました。

メッセージの内容は、8月15日までの2週間、外でも家でも集まらず出かけないこと、県外及び離島との往来は帰省を含めてやめること、ワクチンを積極的に接種することの3点です。

ワクチン接種ついては2回接種した人がメリットを得られるような政策を、県や経済界が連携して検討していくということです。

一方で、国からのワクチン供給は見通しが立っておらず、玉城知事は1日、オンラインで開催された全国知事会の中で、「宣言が発出されている都道府県には、優先的にワクチンを供給して欲しい」と強く要望しています。