RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2019/12/03 11:38 イベント

沖縄懇話会が首里城復元へ 寄付金贈呈

沖縄と本土の財界人の交流組織「沖縄懇話会」が首里城の再建に役立ててもらおうと3日、県に寄付金を贈呈しました。
県庁で富川副知事と面談したのは沖縄懇話会の代表幹事でオリックスの宮内義彦シニア・チェアマンやダイキン工業の井上礼之会長らで、首里城の再建のため毎年500万円、4年間で2000万円を県に贈呈することを約束しました。
「日本国民全部が(復元してほしいと)思っていますから、間違えなく再建できると思います」(宮内義彦 代表幹事)
「まとめて4年間で2000万円を出すということで、1つの(首里城復元への)姿勢だけは示したい」(井上礼之 代表幹事)
沖縄懇話会は沖縄と本土の財界人の交流組織で今年30周年を迎えます。
大手上場企業などおよそ90社が参加しており毎年、県内のNPOへの活動資金の援助を行ってきました。
富川副知事は「かつてない支援の広がりがある。国と連携しこれまで以上の首里城を作り上げていきたい」と意気込みました。