RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2021/05/11 18:07 イベント・その他

沖縄県内最強へ猛牛激突!春の全島闘牛大会

沖縄県内最強の牛を決める闘牛界のビッグタイトル「春の全島闘牛大会」がうるま市石川で開かれ、各地からの猛牛が頂点を目指して熱戦を繰り広げました。

大会では県内各地から選抜された18頭による9番の取り組みが行われ、このうち「軽量級優勝旗争奪戦」では去年秋の大会で王座に就いたチャンピオン『ファイティング大吉(だいきち)』に『石山聖空宝志(いしざんきらぼし)みおり』が挑みました。

強烈な押しで試合をリードしたチャンピオンでしたが、挑戦者『石山聖空宝志(いしざんきらぼし)みおり』が巧みなフットワークで切り返しを見せ、3分58秒で勝負を制し王座を奪取しました。

また、結びの一番「重量級全島一決定戦」では無敗で7連勝中の『イーグル王(おう)』と若手有望株の『闘勢琥珀(とうせいこはく)』が激突しました。

1トンを超える体での迫力と重みのある熱戦は2分9秒で『闘勢琥珀(とうせいこはく)』が制し、デビュー3戦目にしてチャンピオンに輝く快挙を成し遂げました。