RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 災害募金

RBCニュース

2019/10/04 11:54 政治・経済 最新ニュース

玉城知事就任1年 移設阻止へ対話強調

 玉城知事は4日、就任から1年を迎えて会見し、普天間基地の辺野古移設阻止に向け引き続き政府に対話を求めるとともに全国に訴えていく考えを強調しました。

 玉城知事は去年9月、翁長前知事の死去に伴い行われた県知事選挙で、過去最多となる39万7000票近くを獲得して当選し、1年前の10月4日に就任しました。

 4日県庁で会見した玉城知事は、この1年の自己採点について問われ、次のように述べました。

「この1年間走りながら考え、考えながら走ってきた状態なので、自分自身で点数をつける状況には至っていない」
(玉城知事)

 辺野古移設の阻止に向けては引き続き政府に対話の場を求め、世論に訴えていく考えを示しました。

「主権者の合意なき事業、しかもそれが国の安全保障にかかわることを強引に国同士の合意だけで進められるのかという政治の怠慢。民主主義の手続きに則って、きちんと対話とプロセスを導き出していく」
(玉城知事)

 また、知事選で訴えた自立型経済の構築については政府の支援を受けながら「企業の稼ぐ力を強くしていきたい」と展望を示しました。