RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 災害募金

RBCニュース

2019/10/07 18:01 事件・事故

目取真俊氏 高裁判決不服で上告へ

普天間基地の辺野古移設への抗議を行っていた芥川賞作家の目取真俊さんが長時間の拘束は違法などとして国を訴えていた裁判で、福岡高裁那覇支部は一審に続き国に損害賠償の支払いを命じる判決を言い渡しました。
この裁判は作家の目取真さんが2016年に辺野古移設への抗議活動中、アメリカ軍におよそ8時間にわたり拘束されたことなどが違法だとして国に損害賠償を求めていたもので、一審の那覇地裁は国に8万円の支払いを命じていました。
7日の控訴審判決で福岡高裁那覇支部の大久保正道裁判長は一審に続き国に8万円の支払いを命じましたが、アメリカ軍による長時間拘束の違法性などは認めませんでした。
「一審のことをそのままなぞるだけであれば何も問題は解決していないし、基地の中での身の守り方は何も解決されないままな気がします」(目取真俊さん)
目取真さんはこの判決を不服とし、上告する方針です。