RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2019/07/12 11:15 スポーツ

空手 世界遺産登録に向け委員会設置

沖縄発祥の空手のユネスコ無形文化遺産登録に向け空手の主要流派の代表らが委員会を立ち上げました。
国際剛柔流空手連盟の東恩納盛男さんなど空手の主要4流派の代表らが記者会見し、空手のユネスコ世界無形文化財への登録をめざして委員会を立ち上げたと発表しました。
委員会では空手の保存・継承に加えブランド確立のため国や県との連携を深めていきたいとしています。
「沖縄伝統空手は、県指定無形文化財であり、祖先が遺された沖縄の宝でございます。伝統空手のもつ「儀式」としての働きに焦点を絞り、ユネスコ登録を目指すことといたしました」(東恩納盛男理事長)
今後は学識者とともに「空手儀式」の理念や定義の確立を目指すということです。