RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 災害募金

RBCニュース

2019/10/11 18:28 その他

竹富島リゾート開発 事業者が島民訴えた裁判始まる

竹富島でリゾートホテルの建設を計画する事業者が、反対する住民の代表に損害賠償などを求めた裁判が11日那覇地裁で始まりました。
この裁判は竹富島のコンドイビーチ周辺で計画されているリゾートホテル建設をめぐり建設に反対する「竹富島を守る会」のホームページなどで「生活用水が枯渇する恐れがある」などとした表現は事実と異なるとして、事業者のRJエステートがホームページを管理する「守る会」の阿佐伊拓会長個人に対し損害賠償としておよそ2200万円の支払いや謝罪訂正文の掲載などを求めているものです。
11日に那覇地裁で開かれた第1回の口頭弁論でRJ側は被告がホームページなどに公開している内容は「科学的根拠に基づくものではなく、地元住民の意見も聞かないまま強引に進める悪質な事業者であるとの印象を与え極めて悪質だ」などと指摘しました。
一方、被告側は答弁書で「原告の請求を棄却する」などとした判決を求めていて具体的には後日、反論するとしています。