RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 新番組情報

RBCニュース

2019/09/04 18:00 政治・経済

米軍ヘリ窓落下 県が米軍に直接抗議

普天間基地に所属するCH−53ヘリが窓を落下させた問題で県は4日、アメリカ軍に直接、抗議しました。
この事故は先月27日普天間基地所属のCH−53ヘリが沖縄本島東の海上で重さおよそ1キロの窓を落下させたものです。
県の金城基地対策統括監はキャンプ瑞慶覧で海兵隊政務外交部長のニール・オーウェンズ大佐に直接抗議した上で、原因究明と再発防止、それに同型機の運用停止を求めました。
オーウェンズ大佐は「県民に不安を与えた」と謝罪した上で全ての同型機の窓を点検し安全を確認したと説明しました。
「普天間飛行場は住宅地に囲まれている状況なので、部品落下については一歩間違えれば重大な事故につながりかねないと考えられますので、県としては一件たりとも部品落下事故はあってはならない」(県基地対策統括監)
オーウェンズ大佐は同型機の運用停止については言及しませんでした。