RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2019/07/11 17:42 その他

美咲保育園 継続決まるも課題山積

今月末での閉園が決まっていた浦添市の認可外保育園美咲保育園をめぐる問題で園と市は10日少なくとも今年度末まで園の運営を継続すると発表しました。
「子ども達のために頑張ってまいりますので、皆さまのご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします」(美咲保育園・銘苅秀人理事長)
10日の保護者説明会で、美咲保育園と浦添市は今回の混乱を謝罪し、少なくとも今年度末までは園を継続すると発表しました。
「今月末の閉園との最悪の事態は避けられたので私たちもほっとしています」(松本哲治浦添市長)
経営難などを理由に先月突如、今月末での閉園を通知していた美咲保育園。保護者たちは反発し今年度末までの運営継続などを求める7000人あまりの署名を提出しました。
これを受け園と市は協議し経営者の資産売却や保育料の値上げなどを行うことにより、今年度末まで運営を継続させると決めました。
その後は認可化をめざすとしていますが、それには園舎の新築など大きなハードルがあります。
「認可園になっていくことはできないことではないが、簡単な話ではない。資金面や財政的な面、保育士さんの確保とか、こういったところが計画書の中に保証がされないと認可っていうのは私たちもゴーサインが出せない」(松本哲治浦添市長)
保護者たちも複雑な心境を語りました。
「ここでやりますって回答はいただいたんですけど、ここから抜けていく人たちもいるし自分たち自身もここで残るべきなのか…どうなのかっていうのはすごく悩むところです」「来年4月からはどうなるかわからないので子どもにとってどうした方が最善か考えながら、まずは3月までは通って4月からは考えたいなと思います」(保護者)