RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2021/01/14 11:33 くらし

苦境の航空業界 浦添市が出向社員受け入れ

 浦添市は新型コロナウイルスの影響で厳しい経営環境となっている航空業界から、県内で初めて2人の出向社員を受け入れています。

「機内で学んで来たことを浦添市の皆さんに還元できるように頑張りたいのと、私自身浦添市の魅力をたくさん知って機内にいるお客様、ANAの社員の皆に伝えられるようにどんどん吸収していきたいと思っています」
(客室乗務員・野村景子さん)

 出向社員として浦添市役所で勤務しているのは全日空の客室乗務員、野村景子さんと住吉真実さんです。

 2人は、今月8日から観光や街づくりの分野で市の職員として勤務していて、およそ2年3か月の給与については総務省が行う「地域おこし企業人交流プログラム」を活用し特別交付税で賄われます。

 経営が大幅に落ち込む航空業界からの出向受け入れを表明する自治体は全国で相次いでいますが、県内では浦添市が初めてです。