RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 新番組情報

RBCニュース

2019/09/13 18:15 政治・経済

衛藤沖縄担当相 初訪沖で玉城知事と面談

 第4次安倍再改造内閣で沖縄担当大臣に就任した衛藤晟一氏は、13日沖縄を訪れ、玉城知事と会談し「沖縄のためになる振興に取り組む」などと述べました。

 11日の内閣改造で初入閣を果たした衛藤大臣は13日、さっそく沖縄を訪れ県庁で玉城知事と会談しました。

 玉城知事は21項目の要望書を手渡し沖縄振興予算の確保や普天間基地の早期返還と辺野古移設計画の断念などを求めました。

「米軍基地の整理縮小は沖縄の過重な基地負担の解決だけでなく、これまでにもはっきりとみられますように経済活動にも非常に良い影響を影響を及ぼします。本県の振興にも大きく寄与しますので大臣には格段のお力添えを賜りますようよろしくお願いします」
(玉城知事)

「知事や市町村はじめ、沖縄の皆さんの考えもお伺いさせていただきながら、本当に沖縄のためになる、沖縄振興策に取り組んでまいりたいと思っています」
(衛藤沖縄相)

 衛藤大臣は沖縄の基地負担について「内閣をあげて基地負担の軽減に取り組む」と述べたものの辺野古移設への言及はありませんでした。