RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2020/11/19 17:18 戦争・平和

西表島で沖縄戦朗読劇をオンライン鑑賞

西表島の小学校と東京の寺をインターネットで結び沖縄戦の朗読劇を視聴する「オンライン鑑賞会」が、行われました。

この鑑賞会は優れた演劇に触れる機会の少ない離島やへき地の子どもに生の舞台芸術を楽しんでもらおうと、文化庁と公益社団法人日本劇団協議会が行っているものです。

今回は、新型コロナウィルスの影響で俳優らが直接訪れることができないため、東京目黒の寺に設けられた特設会場と、西表島の大原小学校をインターネットで結び鑑賞会を行いました。

朗読劇「女子学徒たちの沖縄戦」は太平洋戦争当時、東京で看護を学ぶ女学生が沖縄へ配属され、地元の女学生と戦争に巻き込まれていく物語で劇団俳優座のメンバーが演じました。

劇の途中には実際の学徒の証言映像や子どもたちが歌を歌って劇に参加する場面もあり、それぞれ劇に入り込み戦争を追体験している様子でした。

「久々に劇を見て迫力とか演技力がすごいなと思いました」
「戦争は怖いからもう少し平和な世界でいてほしいと思いました」(児童)

オンライン鑑賞は、このほか竹富島など3つの小中学校で行われました。