RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2020/02/14 19:28 事件・事故

警察官が飲酒運転で停職処分

 先月、うるま市で酒を飲んだ状態で車を運転し逮捕された男性警部について、県警は14日、停職6か月の懲戒処分にしました。男性警部は14日付けで依願退職しています。

 停職6か月の処分を受けたのは、県警本部生活安全部地域課所属の58歳の男性警部です。

 男性警部は先月16日午後、うるま市石川の県道で、酒を飲んで乗用車を運転したとして酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。

 去年10月から病気による休職中だった男性警部は、午後1時半ごろまで自宅などで酒を飲み知人に会うために運転したということで、呼気からは基準値のおよそ7倍のアルコールが検出されていました。

 男性警部は、14日付けで依願退職しています。

 県警本部の松崎賀充首席監察官は「職員が酒気帯び運転を起こしたことは誠に遺憾。
今回の事案を受け、再発防止に努めて参ります」とコメントしています。