RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2020/09/16 18:46 政治・経済

赤土流出被害の海ぶどう 玉城知事が視察

度重なる台風の影響で宜野座村では赤土が海に流出し海ぶどうへの被害が相次いでいて、玉城知事が16日、養殖場を視察しました。

玉城知事が視察したのは宜野座村にある海ぶどうの養殖場です。
海ぶどうの養殖はくみ上げた海水を使用していますが、先月から今月にかけて相次いだ台風の影響で赤土が海水に混じりました。
光合成が出来ず成長が止まった海ぶどうは茶色く変色し市場に出荷できなくなり、宜野座村内だけで被害額はおよそ1000万円に上るということです。
養殖場のほか赤土流出対策を行っている村内の砂防ダムを視察した玉城知事は、「環境を守りながら観光振興を図るため今後の対応を検討したい」と述べ、村とも連携しながら対策を進めていく考えを示しました。