RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2019/03/15 19:25 事件・事故

那覇地検 南城市で祖母殺害の孫を起訴

去年9月南城市の県営住宅で88歳の祖母が殺害された事件で、那覇地検は15日、34歳の孫の女を起訴しました。

殺人の罪で起訴されたのは、糸満真理子(いとまん・まりこ)被告(34)です。
起訴状などによりますと糸満被告は、去年9月、南城市佐敷の県営住宅で、祖母の絹子さん当時88歳の頭を金づちで複数回殴り殺害した罪に問われています。
糸満被告はこれまでに精神科に通院していたことがわかっていて、去年12月から今月11日までの3か月間、鑑定留置が行われていました。
那覇地検は糸満被告の刑事責任能力を問えると判断したと見られます。