RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2021/03/04 11:41 首里城

首里城 赤瓦には“火災瓦の粉末”配合へ

再建される首里城の木材や瓦の選定などについて話し合う国のワーキンググループの会議が3日開かれ、新たな赤瓦にはおととしの火災で焼け落ちた瓦の粉末を配合する案などが取りまとめられました。

3日に開かれたのは首里城再建に向けた国の技術検討委員会の木材や瓦に関するワーキンググループの会議で、次年度へ向けて木材の調達状況などが報告されたほか、赤瓦の原料の割合などが話し合われました。
会議では赤瓦の原料について、クチャと呼ばれる沖縄本島で採取される泥岩と赤土の割合を7対3とすることのほか、おととしの火災で焼け落ちた瓦の粉末を新たな赤瓦に5パーセント配合する案などが取りまとめられました。
ワーキンググループでは次年度、この案に沿って瓦を試作し吸水率や焼き色などの結果を踏まえながら最終的な配合量や品質基準を決めたいとしています。