RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 Aランチ

RBCニュース

2018/05/16 18:45 その他

IUCN登録延期勧告 “北部訓練場返還地が分断”

 本島北部の森林などの世界自然遺産登録をめぐり、ユネスコの諮問機関が「登録延期」を勧告した理由について、アメリカ軍北部訓練場跡地が推薦地に含まれていないことなどが指摘されていることが分かりました。

 政府が世界自然遺産登録を目指している本島北部の森林と西表島などについて日本時間の今月4日、ユネスコの諮問機関IUCN=国際自然保護連合は「登録延期が適当」と勧告しました。
 IUCNは登録基準に満たない理由として「資産の分断」を指摘していましたが、これまで推薦地のどの部分を指しているのか明らかになっていませんでした。
 15日公表されたIUCNの調査書によると、返還された北部訓練場の跡地が推薦地に含まれていないことをあげ「本島北部は地図上で分断されている」と指摘しています。
「評価書の内容を地元の自治体に説明をしてそれに対する地元の考え方を丁寧に聞いてその上で今後の対応を判断していきたいと考えている」(中川環境相)
 中川環境大臣は評価書の内容を地元自治体と共有しこの夏の審査を受けるか、審査を受けずに推薦書を出しなおすか対応を協議する方針をあらためて示しました。
 また、早期の登録手段として北部訓練場の跡地を推薦地に編入した上で推薦書を再提出し、あらためて現地調査を受ける意向を明らかにしましたが、この場合、登録には最短でも2年は必要とされています。