RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2020/03/25 18:35 くらし

124年の歴史に幕 来間小学校で閉校式

学校の統合によってことしで廃校となる宮古島市の来間小学校で、24日閉校式典が行われ124年の歴史に幕を閉じました。
来間小学校は1895年、明治28年に下地尋常小学校の分校として開校し、これまでに823人の卒業生を送り出してきました。

式典で下地操校長は「来間小学校の歴史は地域が育んできた歴史です。子どもたちの心に脈々と受け継がれ明日に向かって羽ばたく心の支えになると信じています」と述べました。

この日、卒業を迎えた砂川世凪君は「来間小学校で学んだことに誇りをもって、中学校でも頑張りたい」とあいさつしました。
下地校長から宮國教育長に校旗が返納されたあと、参列者全員で校歌を斉唱し124年の長い歴史に思いを馳せていました。

「寂しい気持ちです。何とも言えない寂し思い」
「学校が無くなったからと言って自分の誇りがなくなるわけではないので、ここで過ごしたことを誇りに思って感謝しています」(地域の住民)

来間小学校は来年度から下地小学校に統合されます。