RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2020/01/16 18:23 スポーツ

FC琉球 新入団選手発表

サッカーJ2のFC琉球は16日、新シーズンに向けて新たな体制を発表しました。
那覇市で開かれた会見ではJ1昇格に向けたプレーオフ進出や、首里城再建への思いが込めらた今季のスローガン「RIVIVE(リバイブ)」が発表され、樋口靖洋監督が意気込みを語りました。
「昨年に続き、攻撃的なサッカーをより進化させることが私たちのテーマだと思っています」(樋口監督)

新体制の発表では昨シーズンまでJ1のベガルタ仙台に所属した阿部拓馬選手や現在、大学生で那覇市出身の知念哲也選手などを含む12人が紹介されました。

「チームの勝利のために1つでも多く貢献できるように頑張りたいと思うので1年間宜しくお願いします」(阿部拓馬選手)
「沖縄のために頑張っていきたい。FC琉球のために全力を尽くすのでよろしくお願いします」(知念哲矢選手)

このあと監督や選手らが那覇市の護国神社で恒例の必勝祈願を行いました。

「J2で戦う上で昇格を目指さなければ意味がないと思っているので、そういった選手が1人でも多くいてチームとして同じ方向に向かって進んでいけたらと思います」(上里一将選手)

FC琉球のホーム開幕戦は2月29日、ファジアーノ岡山と対戦します。