RBC 琉球放送株式会社

応援!18の旅立ち

番組ブログ

2018/11/19 RBCiラジオスペシャル

「あなたのそばに石獅子」 2018年11月19日放送

みなさん、石獅子って見たことありますか?
獅子と言うと、お土産品店にあるようなシーサーを連想するかと思いますが、
そうではなく、今回は村落(集落)など、地域の中にある石造りの獅子、
石獅子を取り上げてみました。
あなたのそばに石獅子、いませんか?

ゲストは、彫刻家で首里にあるギャラリーショップ兼工房「スタジオde-jin」の若山大地さん、
そして石獅子リサーチャーの奥様、若山恵里さんをゲストにお迎えしました。

石獅子は文字通り、石で作られた獅子ですが、
今回放送で取り上げた「石獅子」とは
集落などに置かれた石獅子のこととして取り上げています。

大地さんはもともと大学で石を扱う専門で学ばれていたそうですが、
それは主に建築関係だったそうです。
が、友人に連れられて石獅子を見に行った際、
かなりの衝撃を受け、大地さんの人生に深く影響を及ぼしたのだそう。

それが、那覇市上間にあるこちらの石獅子

奥様の恵里さん曰く、ウルトラマンに出てくる「ガラモン」に似てる、とのこと。
確かに(笑)

家族も巻き込まれながらいつしか「石獅子一家」となる若山家。

恵里さんの訪ね歩いた石獅子もかなりの数で、
その調査資料のファイルはパンパンでした(いつか書籍化希望)。

取材で石獅子を見に連れて行って頂きました。
初めての石獅子見学。
南風原町兼城の西の石獅子。

ぱっと見、え?これが石獅子?と思うのですが、
横から顔を覗き込むと、

怖いから! 獅子って言うよりドクロやん!

 

初めて見に行く石獅子にしてはインパクトありすぎでした…。
絶対忘れないでしょう。

 

対して東の石獅子は、前の兼城の区長さんが、
消失していた石獅子の話しを聞いて自ら頑張って作ったそう!
歴史はなくとも心意気が素晴らしいですよね。
 
うん! かわいい! 背中に乗りたくなりました(ガマンしました)。

大地さんの工房にもお邪魔して制作の様子も見させて頂きました。
  
 

スタジオde-jinでは大地さん制作の石獅子を購入することができます!
私もおうちにお越し頂きました!
1つ1つ手彫りなのでぜんぶ表情が違います。
あなたのそばに石獅子、置いてみてはいかがですか?

スタジオde-jin、
石獅子だけじゃなく、いろんな石の作品があるので
見るだけでもすごく楽しいですよ!
  


スタジオde-jin http://www.de-jin.com/
沖縄県那覇市首里汀良町1-2 1階  
(てぃしらじそばと伊波レディースクリニックの間)

今からでも、地域を守る石獅子があちらこちらにできたら、と想像してみると
ちょっと楽しくなります。
各地域に石獅子。うん、いいと思う!