RBC 琉球放送株式会社

主催者挨拶

琉球放送株式会社
 常務取締役ラジオ本部長
安仁屋 聡

第29回「ゆかる日 まさる日 さんしんの日」開催にあたり主催者を代表いたしましてごあいさつ申し上げます。
「今日ぬ誇らしゃや 何にじゃな譬てぃる 蕾でぃうる花ぬ 露逢ちゃたぐとぅ」
今年も「かぎやで風」が県内各地で奏でられ歌声が聴かれる季節がやってまいりました。
例年であればメイン会場や県内外・海外の会場にてラジオの時報に合わせて「かぎやで風」を奏で歌い舞う光景が繰り広げられるのですが、新型コロナウイルスの流行と感染拡大を防止するため「人と会わない、触れ合わない」日々が日常になってしまいました。残念ではありますが感染拡大防止の観点から昨年に引き続き琉球放送会館からのラジオ放送と映像配信のみのメイン会場とさせていただきました。何卒、皆様のご理解賜りますようお願い申し上げます。
今回はRBCiラジオの放送(AM738KHz・FM92.1MHz)とradikoの音声配信に加え、昨年以上にカメラワークを充実させた全編YouTubeによる映像配信を行い、県内外はもちろん海外でもさんしんの日の模様を楽しんでいただけるようになります。 
皆様におかれましては感染防止対策を行いながら、どうぞお好きな時間にお好きな場所で三線片手に思い思いの「さんしんの日」をお楽しみください。
 結びに、ご支援を頂いている協賛企業各社様、琉球民謡・古典音楽・琉球舞踊演者・各団体に衷心より感謝の意を表し、1日も早い新型コロナウイルスの流行終息を願い主催者挨拶といたします。