TOP

【しまうみ探検隊 動画に出てくる場所♪】

しまうみ探検隊 うるまの海を動画で学べ!

しまうみ探検隊
ここでうるまの海について
学びました!

うるま市内の様々な場所でうるまの海について学びました。
海の文化資料館、シーカヤック、高江洲製塩所、そしてムルク浜!
訪問すると、詳しく話が聞けました。
ぜひみなさんも訪れてみてください!

動画に出てくる
場所♪

  • うるま市立海の文化資料館

    ■施設名
    うるま市立海の文化資料館
    ■住所
    〒904-2427 沖縄県うるま市与那城奥平4番地
    ■電話番号
    098-978-8831
    ■ブログ
    https://umibun.ti-da.net/

    海中道路に位置する海の博物館♪

    今回クイズの動画内で紹介した「うるま市立海の文化資料館」はうるま市のドライブスポットでもある海中道路の途中に位置しています。
    この海中道路も接続からちょうど50年になるんですよね。50年と聞くととっても歴史を感じます。
    橋からはエメラルドグリーンの海が見えてとってもキレイな場所になっています。

    海の文化資料館の写真 しまうみ探検隊

    本島側から海中道路を進むと左側にロータリーが見えてきます。
    その先の建物の2階に海の文化資料館があります。
    ロータリーを入ってすぐの駐車場近くに、少し海に突き出した写真スポットもありました。
    周りには海が広がり遠浅の海で、潮位にって海の見え方にとっても違いがありました。

    海の文化資料館の写真 しまうみ探検隊

    ロータリーをそのまままっすぐ進むと見えてくるのが、海の駅あやはし館です。
    1階には飲食店も入っていて食事も楽しめ、売店では地域の特産品の販売も行われています。

    海の文化資料館の写真 しまうみ探検隊

    この建物の2階に位置するのが「海の文化資料館」です。
    海の文化資料館では琉球貿易で盛んだったころの「マーラン船」や「琉球伝馬船」が展示されているんです。
    実際の映像はクイズにチャレンジしながら動画を見てみてね。

    海の文化資料館の写真 しまうみ探検隊

    これが実際のマーラン船の写真です。
    この伝統的な技術で作られたマーラン船が大迫力で展示されています。
    先人たちの知恵と技術が盛り込まれた伝統船になっていました。
    是非皆さんも「海の文化資料館」で沖縄の海の歴史を学んでみてください。

    海の文化資料館の写真 しまうみ探検隊

  • ムルク浜での自然を生かした
    調理体験

    ■施設名
    ムルク浜ビーチ
    ■住所
    沖縄県うるま市勝連比嘉202 ホテル浜比嘉島リゾート横

    浜比嘉島の隠れ家的スポット!?

    今回クイズの動画内で紹介した沖縄の海の幸を活用した料理の紹介をした場所は、
    浜比嘉島のホテル浜比嘉リゾートの横にあるムルク浜ビーチ。

    ムルク浜ビーチの写真 しまうみ探検隊

    ホテル浜比嘉リゾートの入り口に目印があります。
    少し細い道をそのまま進むと、有料駐車場に差し掛かります。
    ムルク浜ビーチでは透き通った海が広がっています。
    今回はそんなムルク浜で自然を生かした調理体験を行いました。

    ムルク浜ビーチの写真 しまうみ探検隊

    今回は動画内でもご紹介したやんばるピクニックの満名さんから沖縄の海に関わる知識を教えてもらいながら、自然の恵みを生かした料理の紹介をしてもらっています

    ムルク浜ビーチの写真 しまうみ探検隊

    沖縄の食材を使ってどのような調理をしていただけるのか楽しみですね!
    今回はサンゴ蒸しという調理方法で魚を蒸し焼きにする料理を紹介してもらっています。
    また沖縄の食文化に関わる「塩」に関しても満名さんからいろいろ教わりました。
    沖縄県民でも案外知らないかもしれないですね。
    大きな鍋にサンゴを敷き詰めてそれではサンゴ蒸しのスタートです♪

    ムルク浜ビーチの写真 しまうみ探検隊

    実際動画内でどのように調理し海の恵みを活用していくのか、
    是非沖縄の海の恵みを生かした料理のクイズにも動画内でチャレンジしてみてください♪

    ※海辺での調理に関しては管理者の了解を得ています。海辺ではマナーを守って活動しましょう。

  • カモメのジョナサン浜比嘉島店

    ■施設名
    カモメのジョナサン 浜比嘉島店
    ■住所
    〒904-2427 沖縄県うるま市勝連比嘉1606-27
    ■電話番号
    090-9404-5225
    ■ホームページ
    https://www.seakayakokinawa.jp/

    浜比嘉島の自然を海の上から体験しよう。

    今回クイズの動画内で紹介したシーカヤック体験は、沖縄県うるま市浜比嘉島にあるカモメのジョナサンさんに紹介して頂きました。
    カモメのジョナサンさんは自然の多く残る浜比嘉島でシーカヤックやSUPのプログラムを提供されているんです。
    海中道路を超え、平安座島を過ぎ右手の橋を渡っていくと浜比嘉島に到着します。
    カモメのジョナサンさんは浜比嘉島の奥の方にあるんです。

    カモメのジョナサン浜比嘉島店の写真 しまうみ探検隊

    そんな浜比嘉島の橋を渡って進んでいくと、カモメのジョナサン浜比嘉店に到着♪
    カモメのジョナサンさんは海中道路店もあるみたいですね。
    ちょうど玉城さんもいらっしゃるようです。

    カモメのジョナサン浜比嘉島店の写真 しまうみ探検隊

    今回のしまうみ探検隊クイズの中では、シルミチューの海からシーカヤック体験を行いました。
    自然の多く残る浜比嘉島ですが、また海から見る島も違った表情を見せてくれそうです。

    海の文化資料館の写真 しまうみ探検隊

    カモメのジョナサン浜比嘉島店の写真 しまうみ探検隊

    カモメのジョナサン玉城さんと一緒にそれでは海に出発!!
    今日は天気も晴れていて絶好のシーカヤック日和です。

    カモメのジョナサン浜比嘉島店の写真 しまうみ探検隊

    シーカヤックで進んでいくと陸地からは見えにくい岩壁や、サンゴの隆起した部分も見えてきます。
    ヒトの手つかずの部分も多く自然の豊かな場所にしか生息しない生き物なども飛来してくるみたいです。
    海に関わる人たちの自然と共存する知恵も紹介しています。
    動画内でクイズも交えて紹介しているのでぜひお楽しみに♪

    カモメのジョナサン浜比嘉島店の写真 しまうみ探検隊

    ヒトが手つかずだから残る自然の部分と、
    またヒトと共存しながらどのようにこの自然を残していけるのか非常に考えさせられますね。
    自然を感じ、この自然をどのように残していけるのかを考えるきっかけになれたらいいですね。

  • 高江洲製塩所

    ■施設名
    高江洲製塩所
    ■住所
    〒904-2316 沖縄県うるま市勝連比嘉1597
    ■電話番号
    098-977-8667
    ■ホームページ
    http://hamahigasalt.com/

    伝統的な塩づくり体験を動画で学ぼう♪

    今回クイズの動画内で紹介した塩づくり工房は、沖縄県うるま市浜比嘉島にある「高江洲製塩所」。
    自然の多く残る浜比嘉島。この日も青空が広がる晴天でした。
    平安座島から橋を渡ると緑豊かな島が見えてきます。
    手つかずの海や自然が多く残り、自然豊かな場所にのみ生息する生き物なども生活していたりもするんです。

    高江洲製塩所の写真 しまうみ探検隊

    今回の高江洲製塩所は浜比嘉島の奥に位置しています。
    そこに工房を構えるのは「高江洲優さん」。
    製塩所に入るとシーサーと一緒に皆様を迎えてくれます。

    高江洲製塩所の写真 しまうみ探検隊

    高江洲さんの運営する高江洲製塩所では「流下式塩田」という伝統的な手法で海水の塩分濃度を上げ、
    塩づくりを行っています。天候の様子も見ながら、塩づくりに取り組む職人の技が盛り込まれています。
    海水を製塩所のそばの海から取水し、その海水をポンプで下記小桶部分から滴下していきます。
    だんだん、だんだん水分が蒸発していき、海水の濃度が濃くなっていくんですね。
    自然の力と恵みを使ったとっても伝統的な手法だと感じました。

    高江洲製塩所の写真 しまうみ探検隊

    製塩所のそばには自然の残る海辺が広がっています。
    高江洲さんはここから海水を取水しているんですね。
    塩づくりをするうえでも海の環境というのはとっても大事なんです。
    キレイな海、そしてそこに広がるキレイな海水を利用することで、おいしい塩づくりができているんです。

    高江洲製塩所の写真 しまうみ探検隊

    流下式塩田の設備のそばでは石窯での塩づくり体験なども行っています。
    濃縮した海水をコトコト煮込むことで水分が蒸発し海塩の出来上がり。
    動画の中では高江洲さんの説明も交えながら、詳しく紹介しています。
    是非浜比嘉島での伝統的な塩づくりの手法をご覧ください♪

    海の文化資料館の写真 しまうみ探検隊

プレゼントに応募!

クイズの答えを入力して
応募すると、正解者の中から抽選で
子ども達と一緒に考えた
ステキなパッケージ商品を
プレゼント!

  • 高江洲製塩所あらじお黒糖
  • 丸吉塩せんべいみすてないで
  • サンゴに優しい日焼け止め
  • 海と日本プロジェクトin沖縄県
    オリジナルタンブラー

写真はイメージです。
※高江洲製塩所あらじお黒糖
※丸吉塩せんべいみすてないで
※高江洲製塩所あらじお黒糖
※高江洲製塩所あらじお黒糖

※応募期間は終了しました。

インフォメーション

  • しまうみ探検隊とは

    しまうみ探検隊とは

    2021年9月18日(土)・19日(日)に県内小学5・6年生26名が体験した学習プログラムです。
    るま市の海をテーマに歴史・食・文化をオンラインで学びました。

  • 海と日本プロジェクトとは

    次世代を担う子供や若者を中心として多様な人が海への好奇心を持ち、行動を起こすムーブメントをつくることを目指し、日本財団が推進するプロジェクトです。
    沖縄県ではRBCに事務局を置く沖縄県実行委員会が、番組の制作放送やイベントなど様々な活動を実施しています。

©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.