RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 新番組情報

CORPORATE INFO

お知らせ

2015/09/09 番組審議会

第475回番組審議会

第475回 番 組 審 議 会

平成27年5月8日(金)午後4時より

琉球放送の第475回番組審議会が、8月14日金曜日午後4時より琉球放送11階会議室で開催され、「RBCザ・ニュース スペシャル~戦後70年の地平から~」(全2部、6月22日「証言で綴る沖縄戦」6月23日「未来へ語り継ぐ沖縄戦」)についての審議が行われました。
意見の概要は以下の通り。

●考え抜かれた2部構成によって沖縄戦の全体像が示されていた。特に沖縄戦の継承に取り組んでいる人々を紹介した第2部は、事例が具体的で参考になった。

●初めて知る戦争体験談も多く、沖縄戦の悲惨さが伝わってきた。両キャスターの進行もよく、ゲストの解説が的確で非常に分かりやすかった。

●沖縄戦がどのような過程を経ていったかが時系列でまとめられ理解を助けた。記憶を継承するためにはこれからの10年が正念場だと伝えていたことを評価したい。

●戦後70年という節目において、沖縄への無理解が広がりつつある時流のなかで、沖縄戦の実相を伝えるというメディアの社会的責務をしっかり果たしていた。

●日を追うごとに被害が拡大していった沖縄戦の実態がよく理解できた。安保法制をめぐって議論が交わされている今の時期にぜひ全国放送をしてほしい。

●企画意図と内容がうまくかみ合った素晴らしい内容。ゲストの人選も的確だった。引き続き、地元メディアにしかできない沖縄戦の番組に期待したい。

●実際の数字をふんだんに挙げて詳述しており、説得力があった。集団死が単純に住民の意思によるものではなく、戦時教育によって引き起こされたことを強調してほしかった。

出席委員
大城将保・佐久眞章・長元朝浩・宮城邦治・与儀弘子・松原知之

欠席委員
幸喜徳子(リポート提出)