RBC 琉球放送株式会社

CORPORATE INFO

お知らせ

2021/03/24 番組審議会

第531回番組審議会

2021年3月12日(金)

琉球放送の第531回番組審議会が、3月12日金曜日午後4時より琉球放送11階会議室で開催され、ラジオ教育特別番組「子供をとりまく貧困 誰がこの子らを救うのか 貧困の現場から」について審議が行われた。
意見の概要は以下の通り。

 
●子供の貧困を沖縄社会の課題として取り上げたこと、沖縄戦の影響と米軍統治下での制度不備を指摘したのには大きな意義があった。行政側にもインタビューしてもよかったのではないか。

●データを駆使した解説に説得力があった。狩俣アナの当意即妙な進行が番組を締まったものにしていた。貧困のサイクルを断ち切る妊娠時からの取り組みについてもっと強調してほしい。

●福祉・教育・地域の生の声で問題提起がなされており、効果的だった。公的支援およびネットワークの重要性を今後も訴え続けてほしい。

●支援を受ける側だったあかねさんが現在は支援する側になったエピソードに、未来への希望が感じられた。番組中でこまめにサポートを呼びかけて具体的な支援につなげてほしい。

●出演者たちの応答にはメリハリがきいていて内容も聞き応えがあった。悲惨な状況でも根気強く支援する人々の温かさに救われる思いがした。

●現代社会のマイナスの側面に向き合った制作姿勢を評価したい。今後は、金銭的貧困だけではなく、「心の貧困」にも光を当てた番組作りにも期待する。

●米軍統治下での制度の空白を埋めていくのが急務であると強く感じた。番組の要点や支援先などを簡潔にまとめて最後に伝えると、いっそう理解が深まったことだろう。

 
出席委員
幸喜徳子・宮城邦治・三島わかな・成底勇人・富名腰徹・伊東和美・森田美奈子