RBC 琉球放送株式会社

番組ブログ

2016/01/23

1月23日の沖縄BON!!:特集「イラブー汁に込めた母娘の絆」

特1

イラブー汁。沖縄の滋養強壮の汁ものの代表格。

冊封使など接待料理として登場していたイラブー料理。

主に捕獲は久高島や八重山諸島で行われていました。

特2 特3

沖縄で数少ないイラブー汁が食べられる専門店、それが「カナ」。

那覇市久米にあった頃から全国にファンを持ち、今年で創業35年。

カナのイラブー汁を残したい…

一昨年、カナの一人娘イズミさんはアメリカ人の夫とともに帰国。

母の藤子さん、そして夫婦でカナのイラブー汁を継ぐことになりました。

特4 特5

カナのイラブー汁のこだわりは…

圧力鍋を使ってイラブーをやわらかく煮込んでいきます。

骨がとれるほどやわらかくなったイラブーは、

食べやすくするため丁寧に骨を取っていきます。

特6 特7

カナでは取り出した骨やタマゴもイラブーの煎じ汁に加え

最後までうま味を引き出します。

さらにかつおのだし、昆布のだし、そして豚のだし。

すべてのうまみを絶妙の加減でひとつにしていきます。

特8

カナのイラブー汁。香ばしさが漂う深みある汁に、ウロコはとろけるほど柔らかい

コラーゲンたっぷりのイラブーです。

 

★イラブー料理 カナ★

[住所] 北中城村屋宜原515-5

[営業] 午後6時~午後10時 ※完全予約制

[定休] 日曜・月曜・木曜

[電話] 098-930-3792

 

 

~収録後~

番組中は食べれなかった臣悟さんでしたが

ちゃんと後からスタッフと一緒においしいイラブー汁、頂きましたよ♪

臣悟さんイラブー

 

目次

やっぱり麺が好き「大東そば」

特集「イラブー汁に込めた母娘の絆」

魅川憲一郎のオジャマするわよ~「まさひろ酒造株式会社」

わくわくがいっぱい!!美ら海水族館

今週のミニコーナー

今週のランキング

今週のインフォメーション

今週のファッション