TOP
本島地方 土砂災害に警戒
NEWSニュース

岸田政権で初“普天間作業部会”

政治・経済 基地問題 最新ニュース
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普天間基地の負担軽減策を話し合う会議の作業部会が27日、岸田政権発足後、初めて開かれました。

普天間基地の負担軽減策を話し合う会議の作業部会が、27日午後県庁で開かれ、県から謝花副知事宜野湾市から和田副市長、政府からは栗生官房副長官が出席しました。

普天間基地について、県は、辺野古への移設を前提とせず速やかな運用停止と、具体的な期限の設定を求めましたが、政府側は、期限を定めるには辺野古移設が前提であると強調し、運用停止の具体的な期日は示しませんでした。

「これまで通り着実に、負担軽減措置を着実に」
(栗生官房副長官)

「普天間飛行場が、辺野古への移設が大事だということについてもですね、これは一貫しているのかなという実感を持ちました」
(謝花副知事)

また、アメリカ軍が使用していた発がん性が指摘されるPFOSを含む泡消火剤について、政府側から、県内のアメリカ海兵隊基地ではPFOSを含まない泡消火剤に交換したと報告があったということです。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.