RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 災害募金

番組ブログ

2018/01/20

1月20日の沖縄BON!!:特集「腕我最強は誰だ!」

2010年から始まったアームレスリングの大会「腕我最強」。

1 4

13 2

年を追うほどに沖縄でのアーム熱は上がり、年3回の大会を開催してきた。

現在、沖縄でアームを練習しているチームは10チームほどあり、

アームレスラーが汗を流している。

 

その中の一つが「ガレージNAO」

代表の長男 比嘉優貴(ゆうき)さん(38)。次男 優人(まさと)さん(35)。

三男 優士(まさし)さん(32)が切磋琢磨しながらチームを盛り上げている。

5

8年前の第一回大会で惨敗。悔しさから兄弟そろってアームにはまった。

ライバルは石垣島の石川勇作さん(40)。

7

石川さんは2015年—65キロ、2016年—70キロの全日本大会のチャンピオン。

ここ一番の勝負強さを誇る選手だ。

今年の6月に行われる全日本大会に向け、石川さんと優貴さんは

同じ—75キロでチャンピオンを目指すと言う。

2017年ファイナル大会はその前哨戦。

誰が優勝を勝ち取るのか!?

 

「腕我最強」無差別級で目下11連勝中の絶対王者がいる。金城晃さん(39)。

8

2015年—100キロで全日本を制した。

」去年11月、別団体の全日本大会—100キロ左腕で準優勝を果たした豪腕だ。

そんな金城さんも最初から強かったわけではない。

金城さんは身長も高く、リーチも長い。アームレスラーとしては申し分ない体格だが、

「腕我最強」の第一回、第二回大会ではあっさりと負けてしまった。

「体がデカイだけだな」…陰口を叩かれことが悔しくて、第三回大会を欠場したほどだ。

それ以来、日々練習に励み、今や沖縄では敵なしのチャンピオンとなった。

9 10

師と仰ぐ仲松克夫さん(43)は去年の全日本大会+100キロで優勝。仲松さんは

幾度も全日本制し、2010年の世界選手権では4位入賞を果たした「伝説のアームレスラー」だ。

金城さんは仲松さんに教えを請うため、那覇から名護へとあしげく通っている。

今年、師の仲松さんとともに、全日本のチャンピオンを目指すと言う金城さん。

今回のファイナル大会では負けるわけにはいかないのだ。

12 14

 

 

目次

特集「腕我最強は誰だ!」

魅川憲一郎のオジャマするわよ~「Busy Bee School」

今週のミニコーナー「ミニドラマ・あるある!ウェルカムんちゅ」

今週のゲスト「ベンビーさん」

今週のランキング

今週のインフォメーション

今週のファッション