RBC 琉球放送株式会社

CAMPAIGN / SCREENING

プレゼント・キャンペーン・試写会

  • プレゼント
映画「花戦さ」チケットプレゼントキャンペーン

花戦さ©2017「花戦さ」製作委員会
花戦さ

 
RBCチケプレキャンペーン!
映画「花戦さ」の鑑賞券をペア5組10名様にプレゼント!

 
【映画公開日】
2017年6月3日(土)公開
「花戦さ」公式サイト

賞品

映画「花戦さ」映画鑑賞券 ペア5組10名様

募集期間

5月18日(木)~5月30日(火)

締め切り

ハガキ:5月30日(火)必着
応募フォーム:5月30日(火)23:59送信分まで

応募方法

下記の応募フォームまたはハガキでご応募ください
※応募は沖縄県内在住の方に限ります。

btn

 

【ハガキ】
住所、氏名、年齢、電話番号を明記の上、下記の宛先までご応募下さい。
〒900‐8711 RBCテレビ営業局 事業推進部
「花戦さ」チケットプレゼント係

当選発表

賞品の発送をもって発表にかえさせて頂きます。
※お寄せいただいた個人情報は プレゼント以外の目的に使用することはありません。

公開日

2017年6月3日(土)公開
「花戦さ」公式サイト

上映館

シネマQ

お問合せ

琉球放送 テレビ営業局 事業推進部
TEL:098-988-5000 (平日10:00~17:00)

 


ストーリー

花戦さ

©2017「花戦さ」製作委員会

十六世紀。戦乱に荒れ果てた京の都に、花を生けることで世の平穏を祈り、人々に生きる希望を与えんとする、「池坊」と呼ばれる僧侶たちがいた。
やがて織田信長による天下統一を前に、戦国の世も終わりを告げようとする頃、「池坊」の中でもその生ける花がひときわ異彩を放つ池坊専好は、信長の所望で、「大砂物」なる大がかりな生け花を披露するため、岐阜城へと向かう。
そこで専好は、千宗易という不思議な男に出会うが、巨大な松を中央に据えた大砂物は思わぬ失態を招き、信長の怒りを買う。しかしそのとき、軽妙に事態を取り繕い、専好を救ったのは、信長に仕える若き武将、木下藤吉郎だった。
それから十二年。信長は本能寺の変によってすでにこの世を去り、天下はかつての木下藤吉郎、豊臣秀吉の手に委ねられていた。
期せずして池坊の執行となった専好だが、その立場ゆえに、迷いながらも自らの奔放な「花」を封印していた。そんなある日、今は豊臣秀吉の茶頭として、利休を名乗る宋易と再会する。
二人はしだいに心を通わせ、いつしか真の友として、互いが目指す「美」の世界を高め合う関係となっていく。専好は利休によって、自らが求める「花」の心をようやくつかみ始めるのだった。
しかしやがて悲劇が訪れる。天下を握ってから人が変わったように驕り高ぶる秀吉に対し、諌めるように自らの茶を貫き通そうとした利休が、その頑なさゆえに、秀吉に命じられ、自害に至ったのだ。
打ちのめされる専好。さらに悲劇は続いた。秀吉の乱心は嵩じ、罪もない街の者たちまでが、次々と命を奪われていく。
ついに専好は立ち上がった。時の最高権力者太閤秀吉に戦いを挑む専好。かけがえのない友、利休の仇討のため、彼が手に取ったのは、刃(やいば)ではなく「花」だった。それこそが、専好にしか成しえない「戦さ」であった。