TOP
本島地方 土砂災害に警戒
NEWSニュース

国交省 県の辺野古不承認取り消しへ 沖縄

基地問題 最新ニュース
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設について、国土交通省は、設計の変更を承認しないとした沖縄県の処分を取り消す方針を固めました。

移設工事をめぐっては、一昨年4月、水深の深い部分の軟弱地盤の改良工事のため、国が設計変更を、県に申請したのに対し、沖縄県の玉城知事は、「技術的に前例のない未知の工事が必要で、埋め立てには著しく不向きな軟弱地盤」などとして、設計変更を不承認としていました。

沖縄防衛局は、これを不服として国土交通省に審査を申し立てていましたが、関係者によりますと国交省はあす、裁決を発表し、軟弱地盤を改良するための設計変更が必要とする防衛省の主張を認める見通しです。

玉城知事は、7日の会見でコメントを控えましたが、発表があれば内容を精査して、県としての対応を検討したいと述べました。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.