TOP
本島地方 土砂災害に警戒
NEWSニュース

沖縄で新たに1328人感染  「第7波突入」解説も

新型コロナ 最新ニュース
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

県は8日、新たに1328人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表しました。

8日、県内で新たに感染が確認されたのは10歳未満から90歳以上の1328人で先週の金曜日と比べ203人増えています。

1日に発表される感染者数が前の週を上回るのはこれで17日連続です。

年代別でみると30代が227人と最も多く次いで10代の225人となっています。

7日までの人口10万人あたりの新規感染者数は528・38人で14日連続で全国ワーストが続いています。

またアメリカ軍関係では新たに64人の感染が確認されています。

「これはもはや第7波に突入したと認識せざるを得ないという様に思います」(玉城知事)

感染拡大が続くなか玉城知事は会見で第7波に入ったとの認識を示しました。

第7波にはどのような特徴があるのか、そして対策についてスタジオで解説します。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.