TOP
さんしんの日

「さんしんの日」を終えて

第30回「ゆかる日まさる日さんしんの日」すべての日程が終了しました。

30回目の節目となる「さんしんの日」多くの皆様のお力添えをいただき9時間15分に渡る生放送をお送りすることが叶いました。
ご出演された皆様はじめ、県内外、電話を繋いで各地から「さんしん」の音色を響かせていただいた皆様、スポンサー 関係各位の皆様 「さんしんの日」を支えてくださった全ての皆様に心より感謝いたします。
沖縄文化の原点ひとつ「さんしん」 三筋の糸は、過去・現在・未来を紡ぎ 沖縄のみならず世界中を繋ぎました。今年も翻弄し続ける新型コロナウイルスの影響を受けました。また今年は、本土復帰50年の節目。あってはならない戦世の情勢もあり平和を願う思いがより強くなった「さんしんの日」。
沖縄の人々は、日々の暮らしの中にある歌三線で心をなぐさめ 時には、奮い立たせ、活路を見出してきました。
歌三線で嬉しい時は嬉しさが倍に 哀しい時は哀しさが半分に。物言わぬ「さんしん」は、私達にこんなにも寄り添っていることをいただいた多くのメッセージで実感いたしました。
9時間有余の放送時間を「アッという間」「名残惜しい」「もっと聴きたい」との幾多の声。
心より感謝申し上げます。

来年は、多くの皆様とお会いできることが叶いますように。
そして、皆様と同じ時間に「かぎやで風」を聴きながら愛おしい時間を共有できることを願っております。

「ゆかる日まさる日さんしんの日」
スタッフ一同

もっと さんしんの日

公式SNS

©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.