TOP
NEWSニュース

「まん延防止措置」始まる 飲食店に時短要請

新型コロナ
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの感染の急拡大に歯止めがかからない中、9日、飲食店への時短営業などを求める「まん延防止等重点措置」の適用が始まりました。
「まん延防止措置」の期間は9日から今月31日までで、県は飲食店の営業時間の短縮や混雑した場所への外出自粛を求めています。
これに伴い、旅行のキャンセルや成人式の中止が相次いでいて、街では写真撮影だけでも行おうという新成人の姿が見られました。
(振袖姿の新成人)
「(中止になって)残念ですけど、それでもこういった形で振袖に袖を通すことができて、嬉しいなとは思います」
(土産品店)
「希望が見えてきた矢先にこうなっちゃっているので、何とも言えないですね。苦しいでしかないです」
県内の医療機関では医療従事者が感染したり濃厚接触者となったりして、8日時点で437人が出勤できず、今後「DMAT」の医師の派遣など支援体制が強化される見通しです。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.