TOP
NEWSニュース

ステルス機能米海軍戦闘艦「タルサ」寄港・沖縄

基地問題
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ステルス機能を搭載したアメリカ海軍の沿海域戦闘艦「タルサ」が沖縄県うるま市のホワイトビーチに寄港しているのが確認されました。
ホワイトビーチに寄港しているのは、アメリカ海軍のインディペンデンス級沿海域戦闘艦「タルサ」です。
目撃者によりますと、2日午前9時頃に入港したと言うことで、翌3日午前には、西側の桟橋に接岸されているのが確認されました。
アメリカカリフォルニア州のサンディエゴ海軍基地を母港とする「タルサ」は、一昨年2月に就役しています。
レーダーなどに探知され難いステルス機能を搭載したうえで、機関銃やミサイル発射装置などが装備されています。
今回の寄港の目的など詳しいことは分かっていませんが、物資の補給などのため立ち寄ったものと推測されます。
「タルサ」がホワイトビーチに寄港するのは、今年6月以来これが2回目とみられます。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.