TOP
NEWSニュース

審査請求で法廷闘争か 辺野古では工事進む

基地問題
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普天間基地の辺野古移設をめぐり、玉城知事が工事の設計変更を認めなかったのに対し、沖縄防衛局は7日、その取り消しを求める審査請求を国土交通大臣に行いこの問題は再び法廷闘争に発展する可能性が高まっています。
こうした中、辺野古沖では8日も埋め立て工事が進められ、ゲート前では抗議の声が上がりました。

「名護市辺野古の上空です。完成が見通せないとして県が工事全体の中止を求めている中、すでに承認が得られているエリアでは着々と工事が進められています」(與那嶺啓キャスター)

普天間基地の辺野古移設をめぐり玉城知事は、沖縄防衛局が提出した設計変更を不承認とする際、完成が見通せないとして工事全体の中止を求めていました。

しかし、辺野古沖では、8日も設計変更の対象ではない区域で埋め立て作業が進められていました。

「こちらが先月完成したばかりのN2と呼ばれる護岸です。今は目立った作業は見られませんが、沖縄防衛局はこちらも土砂の陸揚げ作業を行って工事を加速させたい考えです」(與那嶺啓キャスター)

N2護岸からの土砂の陸揚げは、当初の計画では想定されておらず、県は、防衛局に対し、行政指導を行うことを検討しています。

こうした中、辺野古のゲート前では8日も市民から抗議の声が聴かれました。

「拙速的な工法でやっているので、設計変更がどんどん続いていくのでこれは限りなく基地はできないということです。絶対あってはならないことです」(移設工事に反対する市民)

県の設計変更不承認が国交大臣によって取り消されれば、新たな法廷闘争に発展する可能性が高く、国と県の対立はさらに激化しそうです。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.