TOP
NEWSニュース

尖閣警備強化へ国内最大級の巡視船配備

イベント・その他
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海上保安庁は尖閣諸島周辺の警備を強化するため、石垣海上保安部にヘリ搭載型の大型巡視船を配備しました。
新たに配備された6500トン級の巡視船「あさづき」は全長150メートル幅17メートルと国内最大級で、26日に初めて石垣港に入港しました。
入港式では第11管区海上保安本部の一條正浩本部長が乗組員に対し、「領海警備に万全を期すべく訓練を重ね、地域に愛されるよう業務に邁進して下さい」と述べ、激励しました。
(あさづき初代船長:田代英己)
「チームワークを重視して諸慣熟訓練に励み、国民の負託にしっかりと応えるべくベストを尽くしていく所存です」
「あさづき」はヘリコプター2機を搭載でき、長期間の航行が可能なほか、夜間でも遠くを監視できるカメラを備えています。
6500トン級の巡視船は国内に5隻あり、第11管区への配備は今回が初めてで、尖閣をふくむ周辺海域の警備救難などを担います。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.