TOP
NEWSニュース

沖縄で新たに3人感染 オミクロン株の検査強化へ

新型コロナ 最新ニュース
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

県は30日、県内で新たに3人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表しました。
30日に国内で初めて確認された「オミクロン」株について、県は検査体制を強化する方針です。

県によりますと30日、新たに感染が確認されたのは浦添市の20代男性ら3人です。

直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者は0.74人で、全国平均の0.53人を上回り全国で7番目の多さとなっています。

一方、30日、国内で初めて感染が確認された新たな変異ウイルス=オミクロン株について、県内ではこれまでに感染は確認されていません。

オミクロン株は県の衛生環境研究所で「ゲノム解析」を行うことにより判別できるということですが、現在の体制では1週間で48検体の検査が限度だということです。

県はさらに検査件数を増やすために調整を進めていきたいとしています。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.