TOP
NEWSニュース

沖縄県が漁港の軽石除去に着手

くらし 気象・災害
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大量の軽石がたまっている国頭村の辺土名漁港で、県が29日、軽石の除去作業に着手しました。

辺土名漁港は一面が軽石に覆われていて、船が吸い込んでエンジントラブルとなるおそれがあることから、漁師らが出港できない状態が続いています。

こうした中、県は29日午前10時ごろ軽石の除去作業に着手し、陸上からショベルカー2台を使って海面を覆った軽石をすくい上げる作業を繰り返しました。

作業は2〜3週間かかる見込みで、今後、汚濁防止膜を設置してさらなる軽石の侵入を防ぐとともに軽石を陸側に寄せて除去を続ける予定です。

「軽石が漂着して2週間ほどになるんですが、その間船が出られない状況もあって、業者さんと打ち合わせして、早急に出来ないかということで、調整して、きょうから着手することができました」(県農林水産部北部農林水産振興センター高原景正課長)

県は同様の被害を受けているほかの漁港でも軽石の除去作業を進める方針です。

一方、軽石による被害が県内各地や鹿児島県で確認されたことを受け松野官房長官は29日、「地元の要望を聞きながら迅速かつ万全の対応をとるよう指示した」と述べました。

「まずは補助策をしっかりと運用して対応していくということになるかと思います。政府として軽石の回収、船舶の安全確保、漁業被害への支援等、引き続き万全の対策をとって参ります」(松野官房長官)

政府は今後、県などと連携をとり被害状況の確認を進め、軽石の回収や漁業被害への支援など対応を検討する方針です。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.