TOP
NEWSニュース

設計変更不承認で集会「政府は勇気ある撤退を」

基地問題
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普天間基地の辺野古移設について、国が県に申請していた埋め立て工事の設計変更を玉城知事が不承認としたことを受け、決断を支持する市民らが26日、集会を開きました。

那覇市の県庁前で開かれた集会は設計変更申請を不承認とした玉城知事を支援しようと開かれたもので、主催者発表で250人の市民らが集まりました。

「知事が勇気を持って決断した。これからは私たち県民が知事の思いをしっかりと受け止め県民としての行動を展開していく。それに尽きるのではないでしょうか」
(オール沖縄会議の糸数慶子共同代表)

この集会に参加したオール沖縄勢力の国会議員らはその後、県庁で会見しました。

「誰のために何のためにこれを造るのかという基本的なことが置き去りにされて、何年かかろうといくらかかろうと、意地でやると。このようなやりたい放題の政治が続いていることをストップさせなきゃいけない。政府には勇気ある撤退をしてもらいたい」
(新垣邦男・衆院議員)

議員らは設計変更不承認への支持を県外国外に広げるため、SNSでの情報発信にも力を入れていくとしています。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.