TOP
NEWSニュース

認知症の行方不明者を発見 小学生に感謝状

イベント・その他 最新ニュース
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症で行方不明となっていた高齢女性を発見し安全な場所に避難させたとして、南風原町の小学生に30日、警察署から感謝状が贈られました。

与那原警察署から感謝状が贈られたのは、南風原小学校5年生の平安山智暉くんです。

智暉くんは今月8日、雨の中、傘をささずに猫に話しかける高齢女性に声をかけ、安全な場所へと避難させ、警察に通報しました。

女性の行動は学校で学んだ認知症の症状と似ていたということです。

駆けつけた警察官が確認したところ、女性は行方不明者として捜索願いが出されていたということで、無事に保護されました。

「行方不明になっていた認知症の人が助かって嬉しいです。(これからも)人を守るために頑張りたいです」(南風原小5年の平安山智暉さん)

与那原署の大里英男署長は、「困っている人を思いやる心と勇気ある行動が一人の命を助けた」と感謝を述べました。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.