TOP
NEWSニュース

12歳未満の接種 沖縄・那覇市は3月から実施へ

新型コロナ 最新ニュース
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄県那覇市は、12歳未満の子どもへのワクチン接種について、3月から実施する方向で調整を進めていることを明らかにしました。

これは、12日に開かれた那覇市の城間市長の定例記者会見で明らかにしたものです。

市の担当者によると、12歳未満へのワクチン接種について、那覇市では、国の動きを見据えながら3月から実施する方向で調整を進めているということです。

接種については、集団接種と、クリニックなどでの個別接種を、選択できることを想定しているということです。

また、12日から始まった市内の小中学校の分散登校について、城間市長は「感染状況のリスクをできるだけ回避しつつ、学校生活を送れるように、という思いであります」と述べました。

城間市長は、今後の対応について、感染状況に応じて判断する考えを示しています。

【沖縄県内の日別感染者数の推移はこちら】

https://www.rbc.co.jp/news/news_all/rbc_covid19/

【沖縄県内のコロナ関連ニュースはこちら】

https://www.rbc.co.jp/news_rbc-cat/rbc_covid19/

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.