TOP
NEWSニュース

8月の入域観光客数 前年同月日40%増も…

政治・経済
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月に沖縄を訪れた観光客は前の年の同じ月と比べ、40パーセントあまり増加したことが分かりました。

県によりますと8月に沖縄を訪れた観光客は前の年の同じ月と比べ8万5400人増え、28万8200人となり、率にして42・1パーセント増加しました。
先月、沖縄では緊急事態宣言が継続して出されていましたが、航空路線の新規就航による増便などが観光客の増加につながったとみられています。
一方で新型コロナの感染が拡大する前のおととしの同じ月と比べると73万3000人、率にして71・8パーセントの減少となっています。
また、外国人観光客は去年4月からゼロが続いています。
緊急事態宣言の解除によって、今後さらに観光客が増加するとみられることから、県は水際対策の強化などに努めたいとしています。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.