RBC 琉球放送株式会社

新型コロナウイルス特設 Aランチ

RBCニュース

2020/06/29 18:27 政治・経済

コロナ禍打開策「県外に販路拡大へ」

新型コロナウイルスの影響で観光客が激減し、経営が悪化した県内メーカーに、打開策を提案する説明会が29日、那覇市で開かれ、県外への販路拡大の重要性が共有されました。

この説明会は県内の物産品などを東京や大阪などのおよそ300社に卸している沖縄物産企業連合が主催したもので、県内150社の食品メーカーなどからヒアリング調査をした、コロナ禍における運営悪化の現状が報告されました。
それによると、ことしの3月から5月、観光客の激減により、売上が3割以上減少した県内メーカーは7割、観光分野での業績回復は難しいとするメーカーは6割に及んでいるということです。
沖縄物産企業連合の羽地朝昭社長は、「市場を回復する為にはマーケットを県外へ広げる必要がある」とし、土産品から日用品への製造のシフトや、オンライン販売の促進など、観光産業に頼り切らないメーカーの在り方を提案しました。
今後は、「県内食品メーカーと共に、県外のスーパーマーケットに日常的に置かれるような商品の開発を強化していきたい」としています。