RBC 琉球放送株式会社

新型コロナウイルス特設 Aランチ

RBCニュース

2020/05/22 17:58 基地問題

サンゴ移植めぐる係争委で知事「国の対応は違法」

名護市辺野古の埋め立て工事に伴うサンゴ類の移植をめぐって玉城知事は22日開かれた国の第三者委員会で国の対応は違法だとあらためて主張しました。

普天間基地の移設に伴う辺野古沖の埋め立て工事をめぐり、農林水産大臣がサンゴ類およそ4万群体の移植を許可するよう指示したことは「違法な国の関与」だとして県はことし3月国と地方の問題を扱う国地方係争処理委員会に審査を申し出ています。
22日はテレビ会議方式による3回目の会合が開かれ玉城知事が「指示が許されれば国と地方公共団体の適切な役割分担の原則を破壊する」として国の対応は違法だと訴えました。
「あらゆる点から私たちはしっかりとその法律にのっとり、なおかつ生物多様性を持続していく意味からも慎重に慎重を重ねた審査をすべきであるということを訴えさせていただきました」(知事)

国はこれまで指示は妥当なものだと主張しています。委員会は来月30日までに結論を出す予定です。