RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2021/01/08 17:46 事件・事故

不正受給 指南役の娘ら2人逮捕

持続化給付金の不正受給を巡る問題で、警察は8日、新たに女2人を詐欺の疑いで逮捕しました。うち1人は7日に再逮捕された不正受給の指南役とされる夫婦の娘です。

逮捕されたのは、読谷村に住む自称自営業の野田伶奈容疑者22歳と、その知人で同居人の松田ひなの容疑者24歳です。

警察によりますと、2人は去年5月「ダンスインストラクター」などと職業を偽って、国の持続化給付金100万円を不正に受給した疑いが持たれています。

一連の不正受給を指南したとして逮捕された税理士の事務所にも出入りしていたということです。

野田伶奈容疑者は、不正受給の指南役としてすでに逮捕された夫婦の娘で警察は2人と夫婦が共謀していた疑いも視野に捜査を進めています。
一方、7日に逮捕された、那覇市の税理士、阪本和司容疑者は8日午後、身柄を那覇地検に送られました。
事件について沖縄税理士会は「到底許されるものではなく改めて税理士の社会的信用を損なわぬよう努める」とコメントしています。