RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2021/05/20 18:48 イベント・その他

世界自然遺産へ 「ドリフト走行」対策乗り出す

本島北部の世界自然遺産推薦地周辺の道路で車体を横滑りさせて走る「ドリフト走行」が相次いでいることから、やんばるの希少生物たちを守ろうと国頭村が対策に乗り出しています。

国頭村の林道では夜間に爆音を轟かせながら車体を横滑りさせてカーブを走行する「ドリフト走行」が相次いで確認されていて、やんばるの森に生息する希少動物たちへの影響が懸念されています。
こうしたなか、国頭村は辺野喜ダムへとつながる林道のカーブが多い地点において「ドリフト走行」が出来ないようにするため道路の中央にソフトコーンを立てるなど対策に乗り出しています。
本島北部の世界自然遺産推薦地周辺の道路では、ほかの場所でも「ドリフト走行」によるものとみられるタイヤ痕が確認されていて、世界自然遺産の登録に向けてさらなる対策が求められています。