RBC 琉球放送株式会社

新型コロナウイルス特設 Aランチ

RBCニュース

2020/06/28 17:52 くらし

子どもの居場所利用で自信と目標 県など調査

子どもの居場所に関する県と内閣府の調査で、居場所の利用で自信を持つなど前向きな変化があった一方、認知度が低い居場所があることが分かりました。

アンケートは、県内の就学援助の利用世帯を対象に実施されたもので、1番よく行く場所については「図書館・博物館」が最も多く、18・9%、次いで「公民館」が14・6%を占めています。

また、こうした場所を利用して「自分に自信が持てた」などと回答した子どもは54%にのぼり、夢や目標を持ったと答えた子どもも多くいるなど、前向きな変化がみられました。

一方、無料学習塾などについて保護者の認知度が低いことが分かり、活用への課題も浮き彫りとなっています。

県は必要な世帯が利用できるよう周知に努める方針です。